レーザー脱毛が違法となってしまうケース

水着の女性6

自分でするムダ毛処理は手間がかかってしまい、肌を傷つけてしまう可能性があります。そんな手間を省いて、美肌を目指したいのであればエステサロンやクリニックでの脱毛がオススメです。しかし、主にクリニックで行われるレーザー脱毛は、行う場所によっては違法となってしまうケースもあります。

脱毛する場合には、きちんとしたところで行うことが大切です。


脱毛が違法になるケース

レーザー脱毛は、効果的な脱毛方法です。医療用レーザーを使っており、エステサロンで主に行われている光脱毛に比べると出力が強くその分短期間で効率的に脱毛することが可能な方法になります。そんなレーザー脱毛ですが、医療機器ですので使えるのは医療従事者のみとなっています。

そのためエステサロンがレーザー脱毛機を利用してしまうと法律違反となってしまいます。違法と判断されて実際摘発されているケースもあります。医師免許を持っていないものが脱毛行為をすることで、やけどや色素沈着などの健康被害を追うことが続出したため、平成13年11月8日に医師免許を持っていないものが毛乳頭を破壊する行為を行うと医師法に違反するという法律が定められたのです。

これによってエステサロンでレーザー脱毛を行った美容エステ店経営者が医師法に違反されているとして逮捕されています。また、摘発基準は毛乳頭などの体内の組織を破壊する施術を行っているか否かが摘発対象となっているため、光脱毛でも摘発されてしまうケースもあるため注意が必要です。

脱毛行為によってやけどなどの健康被害から摘発されるケースが多く、やけどなどの健康被害にあうと一ヶ月以上の治療期間が必要になることもあります。

クリニックでも違法になるケース

脱毛13

このようにエステサロンがレーザー脱毛を行っている場合、資格がなく健康被害が出ているため逮捕されるということになります。ではクリニックなら安心して脱毛できる、と考える人も多いのですが、医療機関であっても注意が必要な場合もあります。

クリニックで違法とされるケースは、国家資格を持たないのに脱毛施術を行ったというケースです。医師免許がない従業員がレーザー機器で脱毛などの医療行為をさせた場合には医師法違反の罪に問われてクリニックであったとしても摘発されてしまいます。

レーザー脱毛は効果が強い分だけ、強力なエネルギーを使います。その特殊なレーザー光線を扱うには国家資格が必要ということでもあります。多くのエステサロンでは毛乳頭を壊さない程度の出力で毛を減らしたり、抑毛しており法に触れることなく営業を続けていますが、永久脱毛ではないため再び毛が生えてくるという可能性は十分に考えられます。

確かにクリニックでのレーザー脱毛は永久脱毛が可能ですが、やけどなどの健康被害が出てしまうこともあるため、薄着になる時期にだけ脱毛したいのか、永久的に脱毛したいのかなど自分の状態を考えメリットだけではなく、デメリットもきちんと考えてから脱毛することが大切です。

トラブルが起こった場合の対処方法

どんなにしっかりしたエステサロンやクリニックを選んだとしても、自分がトラブルにあってしまう可能性は考えられます。エステサロンなどで脱毛後にやけどが疑われる場合には、まずは適切な冷却方法で処置をします。流水を使ってしっかり冷やすことで痛みや進行を抑えられます。

患部に直接水をかけるのではなくやけどの周りに水を当てるようにします。流水で冷やすのが難しい場合には、洗面器などを使って水を張って冷やします。冷やす時間は15〜30分ほど、火照りが落ち着くまで冷やしたら様子を見て、痛みが引かない場合にはできるだけ早く医療機関を受診します。

他にも、赤みやかゆみなどが起こるケースもありますが、このようなトラブルにあってしまった場合には、すぐにレーザー脱毛を行ったクリニックに相談することが大切です。ほとんどのクリニックでは、万が一にトラブルがあった時にはすぐに治療してもらうことができます。

治療にかかる費用は無料で行ってもらえることが多いとされています。クリニックによってトラブルに対しての対処方法は異なります。安心して脱毛するためには、料金や通いやすさなどを考えるだけではなくこのようなケアのことも考えてクリニックを選ぶことをオススメします。

レーザー脱毛の違法が増える理由

脱毛8

トラブルに対してしっかり対処をしてくれるクリニックがある反面、近年では違法なレーザー脱毛が増えてきているのが問題となっています。このような違法なレーザー脱毛が増える背景には、脱毛業界の競争が激化していることが原因だと考えられます。

近年では、女性が脱毛することが一般的になっており、それに対してエステサロンやクリニックも脱毛するところが増えてきています。消費者は選択肢が増えていますが、業界内では価格競争が激しくなっており、高かったレーザー脱毛もリーズナブルな価格で行えるようになっています。

そうした背景によって医師がカウンセリングや施術を行なわないのに、資格を持っていない従業員が施術を行ったり、勧誘行為を行うなどの違法なクリニックが増えてきているのです。トラブルを起こさないためには、消費者側が良いレーザー脱毛を行うクリニックを探すことが重要となります。

良いクリニックの条件を知ってからクリニック選びをすることが安全に脱毛することにつながります。

良いクリニックの条件とは

安全にレーザー脱毛するためには、良いクリニック選びをすることが大切です。まず、重要なのが契約するときに受けるカウンセリングは必ず医師が行ってくれるところを選びます。中にはカウンセラーによって施術のリスクや内容、脱毛効果を説明するケースもありますが、カウンセラーのみの診断であれば悪質なケースが多いため注意が必要です。

実績のあるクリニックを選ぶことも安全につながります。十分な知識や技術があり、リスクなどにも熟知したクリニックを選びます。治療環境が整っていることやアフターケアのことなどもきちんと事前に説明してくれるところが良いクリニックです。

また、利用した人の意見を見ることのできる口コミサイトなどを参考にするのもオススメです。その他、しつこく勧誘してくるクリニックも避けることがなんです。クリニックでの契約は一度契約してしまうとクーリングオフできないため、勧誘行為をしないクリニックを選びます。