レーザー脱毛をしたときに特に痛い部位はどこ?

脱毛20

永久脱毛をするなら、医療機関での医療レーザー脱毛か、同じく医療機関での絶縁針を使ったニードル脱毛になります。最近はレーザー脱毛が人気で、強いレーザーを使用するため少ない回数で永久脱毛ができます。その反面、強いレーザーは皮膚にとって強い刺激になるので、部位によってはとても痛い思いをすることがあります。

ではどの部位が特に痛いのでしょうか。実際にレーザー脱毛を受けた人の感想をもとに見ていきましょう。


レーザー脱毛で痛いのはこんな場所

脱毛36

実際にレーザー脱毛を受けた人達の口コミを見てみると、痛く感じる部位にはある共通点があることがわかります。まず、太くて丈夫な毛が生えている場所です。やはり太い毛だと、レーザー光線をあてる時間もかかりますし、一瞬の痛みなら耐えられても、1本1本に長い時間をかけられ続けたら耐えられないみたいですね。

また、もともと皮膚の敏感な部位も痛みを伴いやすいようです。レーザー脱毛の痛みの表現として、よく輪ゴムでパチンとしたくらいと言われますが、皮膚の敏感な部位はそれだけでもとても痛く感じたりします。輪ゴムでパチンを敏感な部位に何度もされたら、痛みに強い人でも我慢できなくなるのではないでしょうか。

特に敏感な部位としては、皮下脂肪の薄いところが挙げられます。皮膚から骨までほとんど脂肪が無いところはとても痛いようです。また、人によっては緊張のしやすい部位を痛いと感じるようです。確かに思わず力が入りそうな場所は特に痛みを意識しやすくなりそうですね。

そして、太い毛があっても1本なら我慢できても、広い範囲にわたって密集している部位の痛みは耐えられないほどのものだという声も多く見られました。では、特に痛かったという声が多い部位を具体的にみていきましょう。

顔の周辺でレーザー脱毛を痛く感じる部位はここ!

顔の周辺は敏感な場所が多く、どこにレーザーを当てるにしても痛そうな感じですが、その中でも特に痛い部位は、眉毛と鼻毛のようです。眉毛は眼のすぐ上に位置していて、思わず力が入りそうな部位なのでますます痛く感じるのでしょう。

もともと眉毛の生えている皮膚の下は皮下脂肪も少ない部位で、骨にも近く、レーザー照射後の炎症を感じやすい場所でもあります。幸いそんなに本数が多くない部位なのが救いですね。鼻毛は特に毛が密集している部位で、同じような場所に何度もレーザー照射をされるのが耐えられない理由のようです。

鼻毛を抜くのとは違い、炎症が残るのが痛みを感じる理由なので、鼻毛なら平気だと思っていたら想像以上の痛みで涙目になったという人もいました。また、男性が永久脱毛を考える部位として、多くの人が挙げるあごのヒゲも痛みを伴うようです。

もともと鼻毛を抜くより、あごのヒゲを抜く方が痛いという人が多いので意外と敏感な場所なのでしょう。ただ、ヒゲの濃さはかなり個人差のあるものなので、人によってはさほど痛みを感じなかったという声もありました。

腕や脚ではこの部位がレーザー脱毛で痛く感じる!

脱毛26

腕や脚でレーザー脱毛が痛く感じる場所は結構あるようです。特に腕の毛やすね毛の濃い人は、レーザー照射を行う範囲も広くなるので痛みを感じやすいという声が多かったです。ただ、レーザー脱毛は皮膚の黒い部分にレーザー光線が反応するので、同じ部位でも色白な人の痛みはそこまで強くないようですね。

具体的な部位としては、やはり皮膚からすぐ骨になる場所が多く挙げられています。まず、すねが痛く感じられるようです。この部分はもともと少し強く物が当たっただけでも痛い場所なので、身体も痛みを警戒して緊張しやすく、ますます痛みを感じるのでしょう。

まさに弁慶の泣き所というわけですね。骨が近いという部位としては足と手の指もそうです。特に手の指は血管も近く、炎症を感じられやすい部位でもあります。そのほか、ヒジの辺りが痛かったという声や、膝の上が痛かったという声もありました。

ただ、太い毛というとすねの周辺が多いので、すねが一番痛く感じたという人が多いということでしょう。

首からお腹、お尻でレーザー脱毛が痛く感じた部位はここ!

首から胴体にかけては、毛の生え方にかなり個人差があるものです。人によっては胸毛が沢山あったり、お腹のまわりや背中に剛毛が生えていたりもします。また、わき毛の悩みは男女共通でしょう。そんな胴体まわりの毛で、レーザー脱毛を痛く感じたという声が一番多かったのはうなじでした。

うなじの毛はそんなに太くなるものではありませんが、やはり首というのは敏感になりやすい部位なのでしょう。髪の毛を1本手で抜くのはそんなに痛くは無いものですが、うなじの毛は1本でも結構痛かったりしますよね。

そんなに毛が生えていなくても、痛かったという印象が残りやすいのかもしれません。次に痛いという声が多いのがわきの下でした。わきの毛は人によってはかなりの剛毛だったりします。本数が多いということもあり、痛みを感じやすい部位ではありますね。

また、わきは触れられるとくすぐったかったりして、もともと敏感な場所だということも痛く感じる一因でしょう。

デリケートな場所で特にレーザー脱毛が痛い部位はここ!

最後に下半身のデリケートゾーンのことです。他の人に見られるだけでも恥ずかしいので、痛みを感じるけれどもできるだけ早く終わって欲しかったという声も多く、痛みと羞恥心で耐えるのがやっと、ということでした。痛み自体かなり強く、もともと敏感な部分でもあるので、涙をこらえて我慢したという人もいました。

また、女性特有のデリケートゾーンとしてIラインがありますが、非常にデリケートな場所なのでやはりとても痛く感じたという声が多い部位でした。お尻側のOラインは痛いけれどもIラインほどではないという感じでした。

自分で処理をするのが難しい場所なので、できれば永久脱毛をしたい部位なのでしょうが、とても痛い部位だということは覚悟したほうが良さそうです。

どうしてもレーザー脱毛の痛みに耐えられない場合はこうしよう!

「レーザー脱毛で永久脱毛をしたいけど、痛みがあるのなら我慢できるか心配だ。」

「実際にレーザー脱毛をしてみたけれど、痛すぎて無理だった」

「とにかく痛いから、何度も受けたくないのでむりやり我慢した」

「あごヒゲはそんなに痛くなかった」

いろいろな声があるレーザー脱毛ですが、やはり痛みを感じることには個人差があるようです。口コミで痛くないと聞いて行ってみたら凄く痛かったという声もありました。もし痛みに敏感で耐えられそうにないのなら、次のような方法もあるのでご紹介します。

まず、レーザー脱毛を行っている医療機関系の中には、部位を冷やしながら施術をするというところもあります。施術の金額や回数だけでなく、そういった情報を念入りに集めてから、どこでレーザー脱毛を受けるのかを決めましょう。

また、どうしても痛みに耐えられそうになかったら、レーザー脱毛ではなく、サロン、エステで行っている光脱毛を試してみるのも良いでしょう。ただ、光脱毛は永久脱毛ではなく、半永久脱毛だということは覚えておきましょう。

ムダ毛は出来れば永久に処理したいものです。痛みを伴う場合もあるということを踏まえたうえで、レーザー脱毛をするかどうかを検討してみましょう。