LOADER
作品紹介&ストーリー
『自縄自縛の私』に続いて新潮社主催の「女による女のためのR-18文学賞」作品の映画化シリーズ第2弾。雛倉さりえが16歳で記した同名小説を原作に、まるでジェリーフィッシュ=クラゲのように艶めかしく、しかし刺さると痛い毒を持つ思春期少女たちの繊細かつ残酷、そして優しい愛と嫉妬の日々を、名匠・金子修介監督が透明感あふれるタッチで描いていく。
これまで、どのようなジャンルの作品の中でも少女に対するこだわりを示し、その瑞々しい感性を映画的に機能させてきた金子監督作品の集大成ともいえる、甘く危険な思春期ファンタスティック・ワールド。その一方で、ウィリアム・ワイラー監督の名作『噂の二人』を劇中に引用しながら、同性愛に対する世間の偏見などをさりげなく示唆しているあたりは、この監督ならではの反骨精神の顕れともいえよう。
まるで永遠のように繰り返されていくキスをはじめする蒼きエロティシズムかつフェティシズムに満ちたシーンの数々に、共にこれが映画初主演となる大谷澪と花井瑠美が体当たりで挑みながら、初々しくもはかない存在感を美しく醸し出していく。川村亮介、川田広樹(ガレッジセール)、奥菜恵、秋本奈緒美、そして竹中直人ら出演陣が巧みに彼女たちをサポートしている。
クラスの中で浮いている高校生・宮下夕紀は、ある日、水族館のクラゲの水槽の前で同級生の篠原叶子に声をかけられ、そこで戸惑いながらも唇を重ねた。これを機に、二人は次第に心魅かれ合うようになっていく。
平凡な家庭に育つも、どこか日常への不満を抑えきれず、レンタルDVDショップの店長に身体を委ねたこともあった夕紀にとって、叶子はかけがえのない存在でもあった。しかし、常に孤独の闇を抱えている叶子は、そんな夕紀の想いを知りながら、突然クラスメイト平井からの告白を受け入れ、彼とのSEXに興じるようになる。同時に、彼女が中学時代に妊娠して堕胎したという噂まで聞こえて来て、夕紀の心は激しく乱れ始めていき……。
キャスト&スタッフ
出演 大谷澪 花井瑠美 川田広樹(ガレッジセール) 川村亮介 奥菜恵 秋本奈緒美 竹中直人 監督 金子修介 脚本 高橋美幸 作家 雛倉さりえ
  • 大谷澪 2008年のミスマガジン審査員特別賞受賞をきっかけにデビュー。ドラマ「おひとりさま」、「めざましテレビ いまドキ★ムスメ」「サプライズ」「方言彼女。0(LOVE)」方言+美少女等のバラエティー番組にも出演。CM ではFamilyMart「ファミチキ」興和「コルゲン1B錠TX」かぜ薬にも出演。2012年沖縄国際映画祭出品作品 地域発信型映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」にヒロインとして出演。同作品は第1回氷見絆国際映画祭最優秀短編作品賞を受賞。2013年「ジェリー・フィッシュ」初主演。
  • 花井瑠美 元新体操選手。3歳の頃、元オリンピック選手、山崎浩子のスクールで新体操を習い始める。 新体操を始め21歳までの18年間で数々の大会に出場し新体操選手として実績を残す。北京五輪に出場予定も怪我の為断念。2010年デビュー。2011年9月神戸コレクション2011ワンライフモデルオーディションにて、審査員特別賞を受賞。2011年10月、アパレルブランド“ARIKI”モデルとして東京コレクションに参加。2013年、「ジェリー・フィッシュ」映画初出演にして女優デビュー。
  • 川田広樹(ガレッジセール)1995年に中学の同級生のゴリとお笑いコンビ、ガレッジセールを結成。ツッコミ担当。芸人としてのみならず、俳優としてドラマでは「ちゅらさん」シリーズ(NHK総合)、「鬼嫁日記」(関西テレビ)、映画では「チェケラッチョ!!」(2006年)、「南の島のフリムン」(2009年)に出演。また、2012年沖縄国際映画祭出品作品地域発信型映画「ガマゴリ・ネバーアイランド」に主演。同作品は第1回氷見絆国際映画祭最優秀短編作品賞を受賞している。
  • 川村亮介 井口昇監督の『片腕マシンガール』でデビュー。日向ユウ役を好演し注目を浴びる。その後、多数の映画・ドラマに出演。毎回違ったキャラクターを演じる個性派実力俳優。最近では、NHK大河ドラマ「平清盛」映画「みなさん、さようなら」(中村義洋監督)「白夜行」(深川栄洋監督)やSUBARUドラマティックシネマ「遺伝子ショートフィルム」のTV-CM、人気アーティストTEE「Together~つながり~」「With You~ぬくもり~」のPVで注目を集めている。
  • 奥菜恵 1992年、映画・ドラマ連動作品「パ☆テ☆オ」でデビュー。以降、女優として映画、テレビ、舞台など幅広い分野で活動。96年、ミュージカル「アンネの日記」でゴールデンアロー演劇新人賞受賞。2008年には映画「SHUTTER」でハリウッドデビュー。2013年は舞台「阿修羅のごとく」、舞台「象」、映画「夏休みの地図」に出演。
  • 秋本奈緒美 1982年デビュー。以降、女優としてテレビドラマ、映画、舞台、CM、バラエティなど幅広い分野で活動。最近の出演作として、テレビドラマ:EX『Dr.伊良部一郎』NTV『木下部長とボク』、映画:『篤姫ナンバー1』『タナトス』『ハードライフ』、舞台『ハロー、グッドバイ』『みのり』『カルテット』『空中キャバレー』他多数。今後の予定として、舞台:『空中キャバレーⅡ2013』(まつもと市民芸術館特設会場)7/19(金)~28(日)、『ZUN』(俳優座劇場)9/21(土)~29(日)、に出演。
  • 竹中直人 1977年デビュー。俳優、映画監督、ミュージシャン等幅広い分野で活躍。1991年初監督・主演映画「無能の人」が第48回ヴェネチア国際映画祭批評家連盟賞ほか、国内でも数々の賞を受賞。7作目の監督作となる「R-18文学賞 vol.1 自縄自縛の私」が今年2月に公開。5月公開された「くちづけ」にも出演。映画「謎解きはディナーのあとで」「甘い鞭」「天心」などの作品が公開を控えている。


  • 監督 金子修介 東京学芸大学卒業後、78年助監督として日活に入社。根岸吉太郎、森田芳光などの助監督を経て、84年『宇能鴻一郎の濡れて打つ』で監督デビュー。同年 『0L百合族19才』『イヴちゃんの姫』などを監督し、横浜映画祭新人監督賞を受賞、翌85年『みんなあげちゃう♡』にて一般映画進出、フリーとなる。 86年、月曜ドラマランド『ザ・サムライ』にてテレビ進出、『いたずらロリータ後ろからバージン』にてピンクリボン賞受賞。87年『恐怖のヤッちゃん』に て初の東映作品、『山田村ワルツ』(88)にて松竹作品を手がける。初の独自企画『1999年の夏休み』(88)は、ニューヨーク美術館ニューディレクターニューフィルムに選出され、横浜映画祭監督賞を受賞。同年、『ラストキャバレー』でロマンポルノは終焉を迎える。『どっちにするの。』(89)以降、『香港パラダイス』『咬みつきたい』(90)『就職戦線異状なし』(91)『卒業旅行ニホンから来ました』(93)と東宝作品が続く。『ネクロノミカン』(93)で初アメリカ作品。洋画系『毎日が夏休み』(94 )の後、大映『ガメラ・大怪獣空中決戦』(95 )でブルーリボン監督賞を受賞、更なる評価を得る。『ガメラ2レギオン襲来』(96)『ガメラ3イリス覚醒』(99)の平成『ガメラ』3部作の合間に、東 宝で『学校の怪談3』、松竹で『F』を監督。『クロスファイア』 (00)『ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃』(01)『恋に唄えば』(02)の後はテレビで『スカイハイ2』『ホーリーランド』『ウルトラマンマックス』などを手がけ、『あずみ2』(05)。『デスノート前後編』(06)は香港、韓国でも大ヒットし、アメリカでも二夜限定ながら300館で公開。ブリュッセル映画祭では観客賞を受賞。『神の左手悪魔の右手』(06)、WOWOW『結婚詐欺師』(07)、日本テレビ『阿久悠物語』(08)、テレビ東京『ケータイ捜査官』『プライド』(09)『ばかもの』(10)『ポールダンシングボーイ☆ず』『メサイア』(11)『Living in Japan』『青いソラ白い雲』(12)『百年の時計』(13)
  • 脚本 高橋美幸 映画脚本デビュー作は『きみのためにできること』(99/篠原哲雄監督)。その後、『九ノ一金融道』(00/梶間俊一監督)『蝉祭りの島』(00/横山浩之監督)『あしたはきっと……』(01/三原光尋監督)『ダンボールハウスガール』(01/松浦雅子監督)『ぷりてぃ・ウーマン』(03/渡邉孝好監督)『13の月』(06/池内博之監督)『プライド』(09/金子修介監督)『ばかもの』(10/金子修介監督)『モンスター』(13/大九明子監督)や、R-18文学賞映画化第一弾『R-18文学賞vol.1自縄自縛の私』(13/竹中直人監督)でも、脚本を手がけている。
  • 作家 雛倉さりえ 1995年生まれ。現役大学生。16歳のときに書いた短編「ジェリー・フィッシュ」で、第11回「女による女のためのR−18文学賞」の最終候補になる。惜しくも受賞は逃したが、女子高生同士の淡く残酷な恋愛を瑞々しい描写で表現した同作は映像関係者の注目を集め、処女作にしていきなりの映画化が決まる。同作を収めた連作短編集『ジェリー・フィッシュ』が、6月22日に新潮社より刊行予定。◎原作情報『ジェリー・フィッシュ』 新潮社刊  6月22日発売  224頁 ソフトカバー 1260円(税込み)女子高生同士の淡い恋と残酷な性を描いた表題作「ジェリー・フィッシュ」は、第11回「女による女のためのR−18文学賞」の最終候補となった。単行本には全5編を収録。10代の繊細さと暴力性、現実に絶望しながらも永遠を信じたいと願う歪んだ純粋さを、瑞々しい筆致で描き出している。
プロダクションノート
《 金子修介監督作品と女性たちの邂逅 》 映画文筆 増當竜也 思えば1984年、金子修介監督の映画デビュー作『宇能鴻一郎の濡れて打つ』が登場したとき、スポ根少女漫画の名作『エースをねらえ!』をパロったライト&コミカルな仕上がりに世の若い男性たちは仰天したものだが、時の日活(当時はにっかつ)ロマンポルノが、ラブシーンさえきちんと押さえておけば後は何をやっても比較的自由という空気の中、特に金子作品は80年代に入って花開き始めていたアニメなどのヲタク文化テイストを肯定的に取り入れながら、性に対して徐々にオープンになりつつある80年代女性が羽ばたいていく青春映画を作ろうという気概にあふれていたような気がする。やがてロマンポルノは終焉の時を迎えるが、その後も金子監督は主にコメディ・ジャンルの中で若いヒロインたちの軽やかな跳躍を撮り続けていく。『ガメラ 大怪獣空中決戦』以降の怪獣映画やダーク・ファンタジー路線においても、その多くは少女や若い女性をキーにしており、しかし一方では現代社会思想などに対する意見具申を娯楽映画の形を借りて盛り込んでいく反骨精神もキャリアを重ねるごとに強固になっているようで、『DEATH NOTE』2部作はその代表格のようにも思われる。最近でも東日本大震災後の日本を風刺した大胆不敵な青春コメディの快作『青いソラ白い雲』を発表したばかりだ。金子映画における女たちに注がれるキャメラ・アイは一見ミューズを崇めるかのようでいて、その実どこか禁則的な趣きもある。そこで思い出されるのが、何と少女キャストに少年を演じさせた『1999年の夏休み』で、その倒錯した美意識の中から溢れ出す不可思議な透明感から導き出されるのは、性別を超越したところで初めて醸し出される金子作品にしか成し得ないエロティシズムに他ならず、それは今回の『ジェリー・フィッシュ』や、それに先駆けてレズビアニズムを描いた『OL百合族19歳』にしても同様ではある。ただし『OL百合族19歳』があくまでもロマン“ポルノ”という当時の制約の中、男性主体の官能美をどこか意識せざるを得なかったのに対し、同じR-18でも『ジェリー・フィッシュ』は、これまで多くの少女たちが思春期をくぐり抜けていく中で体感してきたであろう「生きてることを感じる瞬間」を、現代の閉塞的社会を生きる女性たちに今一度指し示したいという意欲に満ち溢れている。大谷澪と花井瑠美、金子映画の新たなヒロインふたりもまたその体現者としての任をまっとうしているのだ。それにしても、このところ発表される金子作品の多さはどうしたことだろう。特に今年は本作を含めて、何と6本もの新作が劇場やモニターなどでお目見えすることになっている。自ら“手弁当映画”と称する、メジャーでは成し得ないフットワークの軽さこそは、これまで数多くのヒロインたちとともに軽やかな飛翔を遂げてきた金子映画の実践そのものに他ならない。やはり、今年もっとも要チェックしておくべき監督である。
予告編

予告編

特報

大谷澪 花井瑠美 川田広樹(ガレッジセール)川村亮介 奥菜恵 秋本奈緒美 竹中直人 柿本光太郎 千大佑 りょう(L.A.F.U) 清水真緒 仲田つばさ 桑名里瑛 山下春花 野見隆明 松林慎司 中村映里子 金子修介 雛倉さりえ 『ジェリー・フィッシュ』(新潮社刊) 高橋美幸 岡本昭彦 奥山和由 仲良平 中村直史 中林千賀子 星久美子 宇野智美 鏡早智 岡元みゆき 洲﨑千恵子 坂上賢治 尾崎聡 中村佳央 福田宣 野村哲也 石渡美穂 坂本美由紀 井上雄介 細谷力 rara & rie 新潮社「女による女のためのR-18文学賞」運営事務局 よしもとクリエイティブ・エージェンシー 吉本興業株式会社/株式会社チームオクヤマ Ⓒ2013「ジェリー・フィッシュ」製作委員会